2018.4.29 20:54

井上康生日本代表監督「一皮むけた原沢を見ることができた」/柔道

井上康生日本代表監督「一皮むけた原沢を見ることができた」/柔道

 体重無差別で柔道日本一を決める伝統の全日本選手権は29日、東京都千代田区の日本武道館で行われ、2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(25)=日本中央競馬会=が決勝で王子谷剛志(25)=旭化成=を破り、3年ぶり2度目の優勝を果たした。王子谷は井上康生以来15年ぶりの3連覇を逃した。

 原沢はリオ五輪後に陥った不振から復活を遂げ、2年後の東京五輪へ再スタートを切った。元世界王者の父、直也氏との史上初の親子制覇を目指した小川雄勢(21)=明大=は3位だった。

原沢久喜の話「すごく調子が悪くて苦しんだ。疲労困憊だったが、ここまで闘えたことに、少し涙がこぼれてしまった。気持ちだけで闘い抜いた。東京五輪に出たいという一心。五輪に向けてこのまま突っ走っていけるように、全てを柔道に懸けていきたい」

井上康生・男子日本代表監督の話「原沢は非常に苦しい闘いだったと思うが、乗り切って勝ち切った。一皮むけた彼を見ることができた。世界選手権代表は東京五輪を見据えており、常勝チームをつくっていくことが大事。2019年、20年につながる1年にしたい」

金野潤・全日本柔道連盟強化委員長の話「原沢は苦しい試合で集中力を欠かなかったのが、何よりも評価できる。これから稽古を積めば技の切れも戻ってくる。現時点でできる最高の柔道をしてくれた」

飯田健太郎の話「まだまだ上を狙えた。王子谷さんにかけた技が不用意だった。もっと相手を見て、考えてやっていかないと。東京五輪の代表争いに絡めるように、死に物狂いでやっていく」

今、あなたにオススメ
Recommended by