2018.4.29 18:51

高藤、最軽量級から異例の挑戦!果敢に戦い会場沸かせる/柔道

高藤、最軽量級から異例の挑戦!果敢に戦い会場沸かせる/柔道

2回戦で石内裕貴に敗れ、悔しげな表情で引き揚げる高藤直寿=日本武道館(撮影・福島範和)

2回戦で石内裕貴に敗れ、悔しげな表情で引き揚げる高藤直寿=日本武道館(撮影・福島範和)【拡大】

 体重無差別で柔道日本一を決める伝統の全日本選手権は29日、東京都千代田区の日本武道館で行われ、2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(25)=日本中央競馬会=が決勝で王子谷剛志(25)=旭化成=を破り、3年ぶり2度目の優勝を果たした。王子谷は井上康生以来15年ぶりの3連覇を逃した。

 最軽量の60キロ級から異例の挑戦となった高藤は初戦の2回戦で一本負け。100キロ級の石内裕貴(旭化成)に抑え込まれたが、果敢な闘いぶりで会場を沸かせた。

 指導二つを受けて後がなくなり、強引な攻めも通じなかった。ただ内股を透かして倒した場面では、どよめきが起きた。「勝って拍手を送ってもらいたかった」と悔しがったものの、「気持ち良かった」と憧れの大会を楽しんだようだ。

 今後は2連覇を狙う世界選手権に集中する。体重無差別の試合を経て「地力がついた。60キロ級の闘いにプラスになる」と成長を実感していた。

  • 2回戦で石内裕貴(上)に敗れた高藤直寿=日本武道館(撮影・福島範和)
  • 2回戦で石内裕貴(左)に敗れた高藤直寿=日本武道館(撮影・福島範和)
  • 2回戦で石内裕貴(右)に敗れた高藤直寿=日本武道館(撮影・福島範和)
  • 初戦の2回戦で石内裕貴(右)に敗れた高藤直寿=日本武道館
今、あなたにオススメ
Recommended by