2018.4.29 05:00

60キロ級の高藤&73キロ級橋本が挑む/柔道

60キロ級の高藤&73キロ級橋本が挑む/柔道

報道陣の取材に応じ、ポーズを取る高藤直寿(右)と橋本壮市=28日、東京都文京区の講道館

報道陣の取材に応じ、ポーズを取る高藤直寿(右)と橋本壮市=28日、東京都文京区の講道館【拡大】

 体重無差別で争われ、世界選手権(9月、バクー)男子100キロ超級代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本選手権が29日、日本武道館で行われる。

 世界選手権代表で60キロ級の高藤直寿(24)と73キロ級の橋本壮市(26)=ともにパーク24=が、憧れの舞台に挑む。最軽量級の高藤は140キロほどの重量級選手と稽古するなど対策を練ってきた。体重無差別の今大会で最軽量の優勝者は80キロ級だが、「勝つことが大切。それを見た人が楽しいと思ってくれれば」。橋本は「小さい人が大きい人に勝てばインパクトがある。がんがん荒らしていきたい」と決意を口にした。

今、あなたにオススメ
Recommended by