2018.4.29 16:47

小川雄勢、準決勝敗退 父・直也氏と史上初の親子2代による全日本王者ならず/柔道

小川雄勢、準決勝敗退 父・直也氏と史上初の親子2代による全日本王者ならず/柔道

準決勝で王子谷剛志に敗れ、肩を落とす小川雄勢=日本武道館(撮影・福島範和)

準決勝で王子谷剛志に敗れ、肩を落とす小川雄勢=日本武道館(撮影・福島範和)【拡大】

 柔道・全日本選手権(29日・日本武道館)世界選手権(9月・バクー)男子100キロ超級代表最終選考会を兼ねて体重無差別で争われ、小川雄勢(21)=明大=は準決勝で井上康生以来15年ぶりの3連覇を狙う王子谷剛志(25)=旭化成=に敗れ、父・直也氏と史上初の親子2代による全日本王者はならなかった。

開始早々、出足払いで技ありを取られ、相手に主導権を握られた。

 小川は昨年12月のGS東京大会、8日の全日本選抜体重別選手権を制覇。2月のGSパリ大会は2回戦で敗退しており、初の全日本王座獲得で存在感を示したいところだったが、初の頂点には届かなかった。

 

  • 準決勝で王子谷剛志(右)に敗れた小川雄勢=日本武道館(撮影・福島範和)