2018.4.29 15:54

谷川翔、内村と同じ大学2年で初の日本一「まさか勝てると思わなかった」/体操

谷川翔、内村と同じ大学2年で初の日本一「まさか勝てると思わなかった」/体操

特集:
内村航平
男子個人総合決勝 初優勝した谷川翔の跳馬=東京体育館

男子個人総合決勝 初優勝した谷川翔の跳馬=東京体育館【拡大】

 体操・全日本選手権最終日(29日、東京体育館)世界選手権(10~11月・ドーハ)代表選考会を兼ねて決勝が行われ、男子は谷川翔(19)=順大=が172・496点で初優勝を飾った。昨年の世界選手権銅メダルの白井健三(21)=日体大=は172・164で2位、11連覇に挑んだ内村航平(29)=リンガーハット=は171・664点で3位に終わった。

 谷川との一問一答は以下の通り。

 --内村と同じ大学2年で初優勝

 「まだ実感していないが1位なのでうれしい。あのメンバーに勝っているのは考えられない」

 --内村の11連覇を阻止

 「内村さんはずっと日本のトップでやって来ていたので尊敬していた。まさか勝てると思わなかった。めっちゃうれしい。あまり考えないでいつも通り自分の演技をしようと思った。そうしたら点数も出てよかった」

 --最終種目の鉄棒は

 「ずっとスクリーンで1位というのが見えていた。緊張したけど、『頼む』と言ってやった。夢のようだった」

 --今後へ向けて

 「まだ19歳なので、これで満足しないで、ずっと日本のトップでやっていけるようにしたい。東京五輪へ向けて頑張っていきたい」

  • 男子個人総合決勝初優勝した谷川翔の平行棒=東京体育館
  • 男子個人総合決勝初優勝した谷川翔のあん馬=東京体育館
  • 記念撮影で肩を組む(左から)内村航平、萱和磨、谷川翔、白井健三、谷川航、千葉健太=東京体育館(撮影・山田俊介)
  • 男子個人総合決勝初優勝した谷川翔の床運動=東京体育館