2018.4.27 05:01

井村ヘッド、名称変更に「…時代の流れ」/アーティス

井村ヘッド、名称変更に「…時代の流れ」/アーティス

 シンクロナイズドスイミングからアーティスティックスイミングに名称が変わり初の国内での主要国際大会となる日本選手権を兼ねたジャパン・オープンが27日、東京辰巳国際水泳場で開幕する。26日は同所で公式練習が行われた。

 「寂しいけど、時代の流れ」。名称変更に苦笑いを浮かべた井村雅代ヘッドコーチ(67)は今大会を2020年東京五輪への第一歩と位置づけ、「20年に何か大きなことを日本がするという予感を残したい」と意気込みを口にした。

 日本は16年のリオデジャネイロ五輪で2つの銅メダルを獲得も、昨夏の世界選手権ではリオで銅メダルを争ったウクライナに惨敗。その後に選考会を一新したが、今大会がA代表として出場する初の国際大会となる選手が5人もいる。井村コーチは「まだかみ合わないけど、やるしかない」と腹をくくった。 (角かずみ)

今、あなたにオススメ
Recommended by