2018.4.23 10:00

羽生結弦in仙台!県民栄誉賞受賞/東北スポーツ

羽生結弦in仙台!県民栄誉賞受賞/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
羽生結弦
出発式で、村井知事から4年分の地元米を贈られた羽生

出発式で、村井知事から4年分の地元米を贈られた羽生【拡大】

 平昌五輪フィギュアスケート男子で金メダル、66年ぶりの五輪2連覇を達成した羽生結弦選手(23)=ANA=のパレードが22日、出身地の仙台市で開催された。パレードに先立って行われた出発式では、宮城県から2度目の県民栄誉賞が授与された。 

 村井嘉浩県知事(57)からは、4年分の地元米と玉虫塗飾り皿が贈呈された。郡和子仙台市長(61)からも市の伝統工芸品「堤人形」などの記念品が贈られた。

 羽生はステージ上で「2連覇して金メダルを取って、この仙台に『ただいま』といえる状況になり、本当にうれしい。この喜びや、皆さんの応援をずっと胸に刻んでこれからも生きていきたい」とあいさつ。「東日本大震災からの復興に役立ててほしい」と県と仙台市に500万円ずつを寄付することも紹介され、ファンから大歓声を浴びた。 (葉山理)

  • 郡市長から伝統工芸品「堤人形」が贈られた羽生(撮影・葉山理)