2018.4.22 20:40

【パレード一問一答】羽生「皆さんの思いが詰まった金メダルを掛けている実感がある」

【パレード一問一答】

羽生「皆さんの思いが詰まった金メダルを掛けている実感がある」

特集:
羽生結弦
沿道のファンに手を振る羽生結弦=仙台市青葉区(撮影・蔵賢斗)

沿道のファンに手を振る羽生結弦=仙台市青葉区(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦選手(23)のパレードが22日、地元の仙台市で行われ、沿道を埋め尽くした大勢の市民やファンが「勇気と希望をありがとう」と祝福した。

 フィギュアスケート男子で五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦選手の記者会見での一問一答は次の通り。

 ――パレードを終えた感想は。

 「僕自身もわくわくしながらこの数日を過ごしていた。改めて仙台に戻ってきたなという気持ちにもなったし、今回の金メダルの重みを感じた」

 ――ソチ冬季五輪後のパレードとの違いは。

 「4年前との違いはあまり考えなかった。ひたすらこの瞬間が全てだと思いましたし、この瞬間にありがとうということを伝えたいという気持ちでいっぱいだった」

 ――平昌五輪のフリーで滑ったプログラム「SEIMEI」の決めポーズも見せた。

 「(沿道の)近くの方にはありがとうという言葉や目線も届くので、遠くで待ってくれて声援を送ってくれていた方に届けばいいなと思ってやった」

 ――今回の金メダルの重みをどう実感しているか。

 「ソチ五輪のときはもっと未来に目が向いていて、この金メダルから次の金メダルへ走っていくんだという気持ちだったが、今回はちゃんと取りたかったものが取れたという気持ちでいる。皆さんの応援を受け止めきれて、皆さんの思いが詰まった金メダルを掛けているという実感がある」