2018.4.22 13:52

羽生のパレードで「SEIMEI」を演奏 マーチングバンドが粋な演出/フィギュア

羽生のパレードで「SEIMEI」を演奏 マーチングバンドが粋な演出/フィギュア

特集:
羽生結弦
沿道の人に手を振る羽生結弦=仙台市青葉区(撮影・土谷創造)

沿道の人に手を振る羽生結弦=仙台市青葉区(撮影・土谷創造)【拡大】

 平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦(23)=ANAのパレードが22日、地元の仙台市で開催された。沿道には朝から大勢の市民やファンが詰めかけ、主催者は4年前のソチ五輪後に行われた際の約9万2000人を大きく上回る12万人を見込んでいる。

 午後1時15分から出発式が行われ、宮城県が2度目の県民栄誉賞を授与した。その後、仙台市中心部の大通り約1・1キロをパレードした。羽生がフリーで使用した「SEIMEI」をマーチングバンドが演奏すると、初夏を思わせる日差しを浴びた多くのファンは黄色い歓声をあげた。

 羽生はあまりの人気ぶりに照れ笑いを浮かべながら、手を振ったり頭を下げて、感謝の気持ちを表わしていた。

  • 平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成し、地元仙台市でパレードする羽生結弦
  • 沿道の人に手を振る羽生結弦=仙台市青葉区(撮影・土谷創造)