2018.4.21 20:22

期待の大岩がトップ「初めて16点台に乗れた。すごくうれしい」/新体操

期待の大岩がトップ「初めて16点台に乗れた。すごくうれしい」/新体操

大岩千未来のフープの演技=高崎アリーナ

大岩千未来のフープの演技=高崎アリーナ【拡大】

 新体操の世界選手権(9月、ソフィア)代表選考会第1日は21日、群馬県の高崎アリーナで個人総合前半のフープとボールが行われ、16歳の大岩千未来(イオン)が合計32.800点で首位に立った。

 今月から日本体操協会の特別強化選手となった期待の大岩が2種目ともにトップの得点をたたき出した。細く長い脚と柔軟性が目を引き、ボールでは美しいターンで16・850点をマーク。「初めて16点台に乗れた。すごくうれしい」と大きな瞳を輝かせた。

 千葉県出身。2016年に全日本ジュニア選手権の個人総合を制し、今年がシニア2年目。「夢の舞台」という世界選手権の代表入りに向け、好スタートを切った。

  • 大岩千未来のボールの演技=高崎アリーナ
今、あなたにオススメ
Recommended by