2018.4.20 05:02(1/3ページ)

尾川、王座獲得無効に 17年世界戦後にドーピング陽性/BOX

尾川、王座獲得無効に 17年世界戦後にドーピング陽性/BOX

ドーピング違反で処分を受け、頭を下げる尾川

ドーピング違反で処分を受け、頭を下げる尾川【拡大】

 プロボクシングの帝拳ジムは19日、昨年12月に米国で行われたIBF世界Sフェザー級王座決定戦で判定勝ち後、ドーピング検査での陽性反応が判明した尾川堅一(30)が、試合が無効試合となり、6カ月の資格停止処分を受けたと発表した。王座獲得は無効となる。試合を管理した米ネバダ州アスレチックコミッション(NSAC)が決定した。世界戦で日本選手がドーピング違反となるのは初めて。

【続きを読む】

  • ドーピング問題で記者会見し、頭を下げるIBFスーパーフェザー級王者の尾川堅一選手(右)と本田明彦会長=東京都新宿区の帝拳ジム
  • プロボクシング・日本ジム所属の現役男子世界王者
今、あなたにオススメ
Recommended by