2018.4.19 17:17

具志堅氏、比嘉は注意しても「お菓子を食べちゃう」 減量失敗を陳謝/BOX

具志堅氏、比嘉は注意しても「お菓子を食べちゃう」 減量失敗を陳謝/BOX

具志堅用高会長

具志堅用高会長【拡大】

 ボクシング元WBA世界Lフライ級王者で、白井・具志堅スポーツジム会長の具志堅用高氏(62)が19日、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」(月~金曜前8・0)に出演。体重超過のために世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座を剥奪され、15日の試合でTKO負けして16戦連続KO勝利の日本新記録を達成できなかった比嘉大吾について語った。

 具志堅氏は、比嘉について「残念っていうより、やっちゃいけないことをやっちゃったんですよ」と切り出し、日本でボクシング世界王者が誕生してから初めて、国内で体重超過により王座を剥奪されたことに心を痛めていると明かし、「関係者、ボクシングファンにご迷惑をかけたっていう、本当におわびをしたくて」と語った。比嘉と同じ条件で減量を成功させた、対戦相手のクリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=とその陣営にも謝罪し「本当に、最高責任者というか、自分がいちばん悪いなと思っています」と反省した。

 パーソナリティーの垣花正アナウンサーは、比嘉について「負けはしましたけど、また頑張ってほしい」とフォロー。具志堅氏は「本人に、二度と起こらないっていう教育をしなくちゃいけない」と語気を強め、「試合に勝つ前に自分に克たなきゃいけないスポーツなんですよ。これは誰も助けてくれない」とボクシングの厳しさを語った。

 具志堅氏は「食べちゃいけないよっていうのを食べちゃうんですよ。なんだかわかります?お菓子」と、比嘉の食生活についても言及。「外見だけじゃなくて、内臓関係なんですよね。そういうののチェックとかね。すべてだから、自分とトレーナー、そのコミュニケーションとかね、本当にもう、まずかった…」と反省しきり。沖縄出身の垣花アナは、再び沖縄県民栄誉賞を取ってほしいと励ましつつ「具志堅さんが涙ぐんでいます」と様子を伝えた。

今、あなたにオススメ
Recommended by