2018.4.17 05:01

錦織、今季『赤土』初戦でベルディハに逆転勝ち「いいスタート」/テニス

錦織、今季『赤土』初戦でベルディハに逆転勝ち「いいスタート」/テニス

特集:
錦織圭
サーブする錦織圭=モンテカルロ(共同)

サーブする錦織圭=モンテカルロ(共同)【拡大】

 男子テニス・マスターズ・モンテカルロ大会(16日、モナコ・モンテカルロ)四大大会に次ぐ格付けのマスターズ大会。単1回戦で世界ランキング36位の錦織圭(28)=日清食品=は同18位で第12シードのトマーシュ・ベルディハ(32)=チェコ=に4-6、6-2、6-1で逆転勝ちし、2回戦に進出した。昨季、右手首を負傷した錦織は2月にツアー大会に復帰。5月27日に開幕する四大大会の全仏オープンに向け、錦織にとっては全仏と同じクレーコートの今季初戦を白星で飾った。

 赤土のシーズン初戦で、苦しんだ末に白星をつかんだ。錦織はベルディハに約1時間45分の戦いで粘り勝ちした。「(モンテカルロ大会でベルディハに敗れた)2012年のリベンジができた」と納得顔だ。昨年8月に右手首を負傷し、長期欠場を余儀なくされた。四大大会の全仏オープンを見据えた戦いが続く28歳は「いいスタートが切れた」とうなずいた。

  • サーブを放つ錦織(ロイター)
  • 汗をぬぐう錦織(ロイター)
  • 1回戦に登場した錦織(ロイター)
  • 錦織
今、あなたにオススメ
Recommended by