2018.4.17 16:24

瀬古氏、ボストンV川内に「びっくりした。まさか勝つとは」

瀬古氏、ボストンV川内に「びっくりした。まさか勝つとは」

ボストン・マラソンの男子で初優勝し、笑顔でトロフィーを持つ川内優輝=16日、米ボストン(ロイター)

ボストン・マラソンの男子で初優勝し、笑顔でトロフィーを持つ川内優輝=16日、米ボストン(ロイター)【拡大】

 男子マラソンで世界選手権3度出場の川内優輝(31)=埼玉県庁=が16日、米ボストンで行われたボストン・マラソンを2時間15分58秒で制した。日本勢では1987年の瀬古利彦以来31年ぶり9度目の頂点で、過去の優勝者は65年の重松森雄や66年の君原健二ら。122回目を迎えた伝統のレースで公務員ランナーの川内が輝きを放ち、名選手に肩を並べた。(共同)

瀬古利彦・日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの話「びっくりした。まさか勝つとは。ボストンには超一流の選手も出てるし、勝つのは大変なこと。東京五輪に向け、新しいマラソンの時代になってきた」

  • ボストン・マラソンの男子で初優勝し、トロフィーを掲げる川内優輝=16日、米ボストン(ロイター)
  • ボストン・マラソンの男子で初優勝し、トロフィーを手に笑顔の川内優輝=16日、米ボストン(AP)
  • ボストン・マラソン男子で優勝した川内優輝=ボストン(USATODAY・ロイター)
今、あなたにオススメ
Recommended by