2018.4.17 10:00(1/5ページ)

【科学特捜隊】蹴り足の前傾が生む0・4秒先着

【科学特捜隊】

蹴り足の前傾が生む0・4秒先着

特集:
科学特捜隊
阿江教授は、蹴り足のすねが前傾し、引きつけも速いサニブラウンのフォームを理想に近いと指摘した 

阿江教授は、蹴り足のすねが前傾し、引きつけも速いサニブラウンのフォームを理想に近いと指摘した 【拡大】

 科学的なアプローチでスポーツに斬り込むサンケイスポーツ東京発刊55周年企画「科学特捜隊」の第3回は、いよいよシーズンが始まる陸上男子100メートルの記録短縮の可能性に迫る。昨季は桐生祥秀(22)=日本生命=が日本選手で初めて10秒の壁を破る9秒98の日本新をマーク。世界との差を縮める短距離勢が2020年東京五輪で決勝に進出する鍵はどこにあるのか。日本陸連の科学委員会元委員長でバイオメカニクスを研究する日体大の阿江通良教授(67)に聞いた。(取材構成・鈴木智紘)

【続きを読む】

  • 桐生祥秀とサニブラウン・ハキームの100メートルの分析データ比較
  • 陸上・今季の主な日程
  • 陸上・2017年世界選手権男子100メートル決勝成績
  • 陸上・男子100メートル日本歴代10傑