2018.4.16 05:01

父の葬儀終え来日…白鵬、16日から春巡業復帰

父の葬儀終え来日…白鵬、16日から春巡業復帰

偉大な父を見送り、来日した白鵬。休む間もなく、16日から春巡業へ復帰する

偉大な父を見送り、来日した白鵬。休む間もなく、16日から春巡業へ復帰する【拡大】

 大相撲の横綱白鵬(33)は15日、母国モンゴルで営まれた父ジジド・ムンフバト氏(享年76)の葬儀参列を終え、成田空港着の航空機で来日した。同氏は9日に死去。11日に帰国した白鵬によれば、葬儀の13日は大雪が降り「モンゴルにも『雨ふって地固まる』というようなことわざがある。雪や雨は縁起がよく、自然も味方して包んでくれた」。

 ムンフバト氏はレスリングで五輪に昭和39(1964)年東京大会から5大会連続で出場。43年(68)年メキシコ大会では銀メダルを獲得し、モンゴル初のメダリストとなった。

 モンゴル相撲でも「横綱」となった国民的英雄で、葬儀には存命する母国の横綱が全員集まり、見送ったという。白鵬は「(2020年)東京五輪を一緒にみたかった」と別れの言葉をかけたという。

 16日の東京・靖国神社での奉納相撲から春巡業へ復帰する横綱は「(父という)目標を失ったが、これからどういうかたちで闘っていくか、努力するか。それは自分次第だと思う」。2場所連続休場中だが、5月の夏場所(13日初日、両国国技館)へ向け「心と体を整えて臨みたい」。再起の場所で、賜杯を手向けにする。(奥村展也)

今、あなたにオススメ
Recommended by