2018.4.15 18:31

ホープ幌村、2位に「納得できない」 東京六大学春季対抗戦/競泳

ホープ幌村、2位に「納得できない」 東京六大学春季対抗戦/競泳

力泳する幌村尚=埼玉県新座市

力泳する幌村尚=埼玉県新座市【拡大】

 夏のジャカルタ・アジア大会などに出場する競泳男子の幌村尚(早大)が15日、埼玉県新座市で短水路(25メートルプール)の東京六大学春季対抗戦に参加し、得意の200メートルバタフライで1分52秒58の2位にとどまった。活躍が期待されるホープは「結果としては納得できない」と反省した。瀬戸大也(ANA)らとしのぎを削った日本選手権を1週間前に終えたばかりで「気持ちの切り替えができなかった」という。

 男子の渡辺一平(早大)は50、100、200メートル平泳ぎを制した。「大事なところで勝てていない。こいつは(重要な試合で)外さない、と思われる選手になりたい」と夏へ気合を入れ直した。

今、あなたにオススメ
Recommended by