2018.4.12 15:21

ガスリー&ハートレーが中国GPへ意気込み トロロッソ・ホンダ連続入賞目指す/F1

ガスリー&ハートレーが中国GPへ意気込み トロロッソ・ホンダ連続入賞目指す/F1

 F1世界選手権第3戦中国GP(13日開幕、上海国際サーキット=1周5・451キロ)トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー(22)=フランス=とブレンドン・ハートレー(28)=ニュージーランド=が、13日開幕の第3戦中国GPに向け、意気込みを語った。12日は2人ともコース上を歩き、路面チェックなどを行った。

 第2戦バーレーンGPで、自己最高の4位で今季初入賞を果たしたガスリーは、上海国際サーキットを訪れたことはあるというが、当時はレッドブルのリザーブドライバーであったため、今回初めてコースを走行することになる。

コースを歩いてチェックするトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー(中央)=上海

 「新しい場所に行ったり、新しいサーキットに挑むことはエキサイティングだ」とガスリー。「普段から新しいコースを覚えるのも苦にならないし、今回もそうなれば良いかなって思う。金曜日に、早めにペースを上げることが週末への鍵になる」とコメントした。

 一方、バーレーンGPでは不運も重なり17位だったハートレーは、WEC(世界耐久選手権)で同サーキットの走行を経験済み。「2勝して、2位にも1度なっている」とし、「WECのレースは6時間だったけれど、3人のドライバーで2時間ずつだったので、F1のレースとそれほど違いはないね」と自信をのぞかせた。

コースを歩いてチェックするトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレー(左から2人目)=上海

 コースに関しては好感を持っているといい、「ドライバーにもファンにも楽しいコース」と話しつつ、「左のフロントタイヤが厳しくなるので、タイヤマネジメントが大事になる」と説明した。

今、あなたにオススメ
Recommended by