2018.4.9 19:30

萩野、8年前を懐かしむ「あのときは周りも見えていなかった」/競泳

萩野、8年前を懐かしむ「あのときは周りも見えていなかった」/競泳

特集:
萩野公介
競泳日本代表の発表記者会見で抱負を語る萩野公介=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

競泳日本代表の発表記者会見で抱負を語る萩野公介=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター【拡大】

 日本水連は9日、ジャカルタ・アジア大会(8月18日開幕)とパンパシフィック選手権(同9日開幕、東京)の競泳代表として、男子は萩野公介(ブリヂストン)や瀬戸大也(ANA)、女子は池江璃花子(ルネサンス亀戸)や大橋悠依(イトマン東進)らを発表した。

 萩野は高校1年生でシニアの主要国際大会デビューを果たした2010年のパンパシフィック選手権を懐かしんだ。レース前、食事が喉を通らなくなるほど緊張したといい「あのときは周りも見えていなかった。今は全く違った気持ちで臨める」としみじみと語った。

 今回のパンパシフィック選手権では、昨年の世界選手権で覇権を奪われたライバルのケイリシュ(米国)との再戦が見込まれる。「レベルの高い記録で泳いでくると思う」と警戒心を強めた。

今、あなたにオススメ
Recommended by