2018.4.8 20:50

渡部、諦めず代表切符「学ぶことがたくさんあった」/競泳

渡部、諦めず代表切符「学ぶことがたくさんあった」/競泳

女子200メートル平泳ぎ決勝 2位の渡部香生子=東京辰巳国際水泳場

女子200メートル平泳ぎ決勝 2位の渡部香生子=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会(8~9月)、パンパシフィック選手権(8月・東京)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権最終日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子200メートル平泳ぎは青木玲緒樹(ミキハウス)が2分21秒85で勝ち、2位の渡部香生子(早大)も代表となった。

 昨年の世界選手権で代表入りできなかった渡部は2015年世界選手権の金メダルを獲得した女子200メートル平泳ぎで2位に入り、夏の国際大会への切符をつかんだ。

 5日決勝の100メートルは3位で代表権を逃し、気持ちが折れたという。しかし「せっかくここまで頑張ってきたので、最後まで諦めないで頑張ろうと思って泳いだ」と立て直した。涙あり、笑いありの戦いを終え「学ぶことがたくさんあった。次にうまく生かしていきたい」と晴れやかな表情だった。

今、あなたにオススメ
Recommended by