2018.4.8 20:49

酒井、前半から飛ばし圧勝「すごく良かった」/競泳

酒井、前半から飛ばし圧勝「すごく良かった」/競泳

女子200メートル背泳ぎで優勝し、ガッツポーズの酒井夏海=東京辰巳国際水泳場

女子200メートル背泳ぎで優勝し、ガッツポーズの酒井夏海=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会(8~9月)、パンパシフィック選手権(8月・東京)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権最終日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子200メートル背泳ぎは酒井夏海(スウィン南越谷)が2分8秒28の高校新で代表権を獲得した。

 女子200メートル背泳ぎで高校2年生の酒井が前半を日本記録を上回るペースで泳ぎ、2位に1秒36差をつけて圧勝した。「何も考えずに(前半から)突っ込もうと思った。すごく良かった」と、うなずいた。

 2016年リオデジャネイロ五輪に中学3年で出場したホープは、2位だった今大会の100メートルで悔し涙を流した。この日は大きな泳ぎで見事なレースを披露し「(力を)出し切った」と笑みが絶えなかった。

  • 女子200メートル背泳ぎ決勝2分8秒28で優勝した酒井夏海=東京辰巳国際水泳場
今、あなたにオススメ
Recommended by