2018.4.4 18:08

高木美に横浜市がスポーツ栄誉賞「次の目標見据えて頑張りたい」/スピード

高木美に横浜市がスポーツ栄誉賞「次の目標見据えて頑張りたい」/スピード

横浜市からスポーツ栄誉賞を贈られ、花束を手にする高木美帆。右は林文子市長=横浜市役所

横浜市からスポーツ栄誉賞を贈られ、花束を手にする高木美帆。右は林文子市長=横浜市役所【拡大】

 横浜市は4日、平昌冬季五輪のスピードスケート女子で金を含む三つのメダルを獲得した高木美帆(23)にスポーツ栄誉賞を贈呈した。高木は市役所であった贈呈式で「次の目標を見据えて頑張りたい」と話した。

 林文子市長は「興奮と感動は忘れられない。スピードスケートの楽しさを教えてもらった」とあいさつした。

 この日の横浜市は最高気温が25・8度と6月下旬並みとなり、北海道出身の高木は贈呈式後の報道陣の取材に「暑いのが苦手なので、もう少し涼しいといいのにな」と苦笑いしていた。

 賞は在住者や出身校などが横浜市内の選手が対象で、高木は横浜市青葉区にキャンパスがある日本体育大出身。市は同じく日体大出身のスキー・ジャンプ女子銅メダルの高梨沙羅(21)と、カーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見主将の本橋麻里(31)にも贈った。

今、あなたにオススメ
Recommended by