2018.4.3 16:25

日女体大が入学式 杉原愛子「東京五輪に人生を懸けている」/体操

日女体大が入学式 杉原愛子「東京五輪に人生を懸けている」/体操

日女体大の入学式後、取材に応じる杉原愛子

日女体大の入学式後、取材に応じる杉原愛子【拡大】

 体操女子で2016年リオデジャネイロ五輪代表の杉原愛子(朝日生命)が3日、東京都内で日女体大の入学式に臨み「遊ぶのはいつでもできる。(20年)東京五輪に人生を懸けているので、そこまでは体操を第一に考えて集中していきたい」と決意を語った。

 個人総合で争うワールドカップ東京大会(14日・東京体育館)が今季初戦となる。2月末に右足首を痛めてから約3週間、本格的な練習はできなかったが、現在は着地もできるまでに回復。床運動以外は昨季よりもDスコア(演技価値点)を上げた構成で挑む予定で「緊張すると思うが(今月下旬の)全日本選手権に向けて結果を残せるようにしたい」と意気込んだ。