2018.3.25 23:20

沙羅、2連勝でW杯通算55勝目 今季最終戦で有終の美/ジャンプ

沙羅、2連勝でW杯通算55勝目 今季最終戦で有終の美/ジャンプ

特集:
平昌五輪
高梨沙羅
ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯最終戦で優勝し、表彰台で笑顔の高梨沙羅。歴代単独最多の通算勝利数を55に伸ばした=オーベルストドルフ(共同)

ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯最終戦で優勝し、表彰台で笑顔の高梨沙羅。歴代単独最多の通算勝利数を55に伸ばした=オーベルストドルフ(共同)【拡大】

 ノルディックスキー・ワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人最終第15戦(25日、ドイツ・オーベルストドルフ、ヒルサイズ=HS106メートル)平昌五輪銅メダルで、前日に男女を通じて歴代単独最多の通算54勝目を挙げた高梨沙羅(21)=クラレ=は99メートル、102・5メートルの合計250・4点で今季2勝目、歴代最多を更新する55勝目を挙げ、有終の美を飾った。

 高梨は24日に行われた個人第14戦で昨年2月以来、15試合ぶりにW杯を制した。今季は女子のレベルが上がり、苦戦続きだった。W杯で個人総合優勝した平昌五輪金メダルのマーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=に大差をつけられる試合が多かったが、一矢を報いた。

 この日も1回目に首位に立つと、2回目も飛距離を伸ばしライバルを圧倒した。平昌五輪で3位に入り初めての五輪メダルを獲得。W杯では節目の勝利を手にした。4年後の北京五輪に向けて大きな一歩を踏み出した。

  • ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯最終戦で優勝し、歴代単独最多の通算勝利数を55に伸ばした高梨沙羅。左は2位のダニエラ・イラシュコ、右は3位のマーレン・ルンビ=オーベルストドルフ(共同)
  • ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯最終戦で、2回目の飛躍で着地しガッツポーズする高梨沙羅。歴代単独最多の通算55勝目を挙げた=オーベルストドルフ(共同)
  • W杯最終戦で勝利し笑顔の高梨沙羅(中央)。通算勝利数を55に伸ばした=オーベルストドルフ(共同)
  • 2回目の飛躍で着地し、笑顔を見せる高梨沙羅。今季2勝目を挙げ、通算勝利数を55に伸ばした=オーベルストドルフ(共同)
  • 高梨沙羅の1回目の飛躍=オーベルストドルフ(共同)
  • 1回目の飛躍でジャンプ台から飛び出す高梨沙羅=オーベルストドルフ(共同)
  • 高梨沙羅の1回目の飛躍=オーベルストドルフ(共同)
  • ノルディックスキー・ジャンプ女子のW杯最終戦で、1回目の飛躍をする高梨沙羅=オーベルストドルフ(共同)
  • 2回目の飛躍を終えた伊藤有希=オーベルストドルフ(共同)
  • 2回目の飛躍を終え、手を振る伊藤有希=オーベルストドルフ(共同)
  • 伊藤有希の1回目の飛躍=オーベルストドルフ(共同)
  • 伊藤有希の1回目の飛躍=オーベルストドルフ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by