2018.3.24 05:02

ドーハの悲劇…内村、復帰戦全4種目予選落ち「ここまで何をしに…」/体操

ドーハの悲劇…内村、復帰戦全4種目予選落ち「ここまで何をしに…」/体操

特集:
内村航平
まさか…。出場4種目全てで予選落ちとなった内村。体操の絶対王者も浮かない表情だ (共同)

まさか…。出場4種目全てで予選落ちとなった内村。体操の絶対王者も浮かない表情だ (共同)【拡大】

 体操・W杯カタール大会第3日(23日、ドーハ)種目別で争う大会。決勝前半が行われ、男子床運動で2016年リオデジャネイロ五輪団体総合金メダルの加藤凌平(24)=コナミスポーツ=が3位に入った。前日22日の予選後半で、昨年10月の世界選手権で左足首を故障して以来の復帰戦だった五輪個人総合2大会連続金メダリストの内村航平(29)=リンガーハット=は跳馬と鉄棒で予選落ち。出場4種目全てで予選落ちとなった。

 ほろ苦い復帰戦となった。内村は21日のあん馬とつり輪に続き跳馬で9位、鉄棒も10位で予選落ち。想像もしていなかった結果に「手応えも何も感じられない試合だった。ここまで何をしに来たんだろうか」と、あきれ返るように言った。

 跳馬では技の難度を落としたことが響き、決勝進出に0・016点及ばなかった。「気持ちが上がらないままだった」と得意種目の鉄棒でも動きは硬いままだった。

 個人総合の全日本選手権(4月27~29日、東京体育館)に向けて「今回の結果を糧にして、ミスをしたら終わりと常に練習から思ってやっていきたい」と気持ちを奮い立たせていた。

  • 男子鉄棒予選、内村航平の演技=ドーハ(共同)
  • 加藤凌平の演技=ドーハ(共同)
  • 加藤凌平の演技=ドーハ(共同)
  • 男子あん馬決勝、加藤凌平の演技=ドーハ(共同)
  • 男子鉄棒予選、加藤凌平の演技=ドーハ(共同)
  • 男子平行棒予選、神本雄也の演技=ドーハ(共同)
  • 男子跳馬予選、佐藤巧の演技=ドーハ(共同)
  • 演技を終えた佐藤巧=ドーハ(共同)
  • 男子つり輪決勝神本雄也の演技=ドーハ(共同)