2018.3.19 05:01

ゴンザガ大16強!八村が25得点&守備でも貢献/バスケ

ゴンザガ大16強!八村が25得点&守備でも貢献/バスケ

オハイオ州立大戦でダンクシュートを放つゴンザガ大の八村=ボイシ(ロイター)

オハイオ州立大戦でダンクシュートを放つゴンザガ大の八村=ボイシ(ロイター)【拡大】

 バスケットボール男子・全米大学選手権(NCAAトーナメント)(17日、米アイダホ州ボイシ)各地で2回戦が行われ、昨年準優勝で八村塁(20)が所属するゴンザガ大はオハイオ州立大を90-84で破って16強入りした。八村は25分間プレーし、レギュラーシーズンを通じて自己最多の25得点、4ブロックショットと活躍した。22日(日本時間23日)にロサンゼルスで行われる3回戦では、ザビエル大-フロリダ州立大の勝者と対戦する。

 ベナン出身の父と日本人の母を持つ八村は途中出場して攻守に躍動。開始5分余りで15-0と先行する原動力となった。チームは後半に一時逆転を許したものの、70-67で迎えた残り3分44秒に3点シュートを鮮やかに決め、その後もブロックショットで相手の反撃を断つなど勝利に貢献した。1回戦では4得点にとどまっていただけに「前の試合でチームに迷惑を掛けたので、今日は頑張ろうと思った」と声を弾ませた。