2018.3.10 05:02(1/2ページ)

ネリは日本追放、JBCが無期限活動停止処分/BOX

ネリは日本追放、JBCが無期限活動停止処分/BOX

ネリの左を食らってからの連打でダウンした山中(右)

ネリの左を食らってからの連打でダウンした山中(右)【拡大】

 日本ボクシングコミッション(JBC)は9日、山中慎介(35)=帝拳=とのWBC世界バンタム級タイトルマッチ(1日)の前日計量で、体重超過により王座を剥奪されたルイス・ネリ(23)=メキシコ=を、日本での無期限活動停止処分にすると発表した。JBCが体重超過で資格取り消し処分を下すのは初めてという。

 ネリは1回目の計量でリミットの53・5キロを2・3キロも上回る55・8キロで、約2時間後に行われた2回目も1・3キロの超過だった。試合は2回TKO勝ちし、敗れた山中は引退を表明した。

 JBCは通常、体重を超過した外国人選手に対して、1年間の出場停止処分を科してきた。今回、「階級制を前提としたボクシングに対する社会的信用を著しく毀損(きそん)する行為」とのコメントを発表。WBCには報告済みで、他の世界タイトル認定団体、米国コミッションなどに決定を通知して協力を求める。

【続きを読む】