2018.3.9 17:29

JBC、ネリを永久活動停止 山中戦で体重超過「社会的信用著しく毀損する行為」/BOX

JBC、ネリを永久活動停止 山中戦で体重超過「社会的信用著しく毀損する行為」/BOX

ルイス・ネリ

ルイス・ネリ【拡大】

 日本ボクシングコミッション(JBC)は9日、山中慎介選手(帝拳)との世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチの公式計量で体重超過して王座剥奪となったルイス・ネリ選手(メキシコ)に対し、日本でのボクシング活動を永久に停止させると発表した。

 JBCは「階級制を前提としたボクシングに対する社会的信用を著しく毀損する行為」とのコメントを発表。WBCには報告済みで、他の世界タイトル認定団体、米国コミッションなどに決定を通知して協力を求める。

 ネリ選手は1日の世界戦の前日計量1回目で制限体重を2・3キロオーバーし、2時間後の再計量でも1・3キロ超過。試合は2回TKO勝ちし、敗れた山中選手は引退を表明した。

 前回対戦で山中選手から王座を奪った後の昨年8月下旬には、ドーピング検査で陽性反応を示したことが判明し、非難を浴びた。