2018.3.1 17:42

やく氏、質問さえぎった貴乃花親方は「ピリピリしている」

やく氏、質問さえぎった貴乃花親方は「ピリピリしている」

やくみつる氏

やくみつる氏【拡大】

 漫画家、やくみつる氏(58)が1日、レギュラーを務めるフジテレビ系「みんなのニュース」(月~金曜後4・50)に生出演。この日、大相撲の元横綱日馬富士(33)による暴力行為で被害を受けた十両貴ノ岩(28)が、一連の問題発覚後、初めて口を開いたことに言及した。

 貴ノ岩は2月26日から稽古を再開。この日もすり足、てっぽうなど基礎運動に終始した。体重は149キロと明かし、負傷前とほぼ変わらないが、稽古場で相撲を取れる状態にまでは戻っていない様子。取材に付き添った師匠の貴乃花親方(45)=元横綱=は報道陣からの暴行問題への質問はさえぎった。

 やく氏は27日に大阪市内で開かれた十両以上の関取による力士会で貴ノ岩を含め、幕内貴景勝(21)ら貴乃花部屋の全関取4人が欠席したことを踏まえ、「(貴ノ岩は)出場するとなると土俵に集中できると思う。ピリピリしているのは貴乃花親方。この件はまだまだ決着を見ていない。親方は場所という感じでは臨めていない」と指摘した。

 京都・宇治市の貴乃花部屋宿舎で貴乃花親方とともに取材に応じた貴ノ岩は、春場所(11日初日・エディオンアリーナ大阪)出場の明言は避けた。春場所に出場するか否かの最終判断は、取組編成会議が開かれる9日朝となる。

 貴ノ岩は昨年10月下旬、秋巡業中の鳥取市内での酒席で頭部などに暴行を受け「左前頭部裂傷、右中頭蓋底骨折」などと診断された。昨年11月の九州場所に続き、今年1月の初場所を全休。春場所は幕下転落が確実だったが、相撲協会の特例措置により十両下位の西12枚目に据え置かれた。

今、あなたにオススメ
Recommended by