2018.2.10 18:53

日本ボクシング連盟会長、東京五輪除外危機に「今の時点では静観」

日本ボクシング連盟会長、東京五輪除外危機に「今の時点では静観」

 日本ボクシング連盟は10日、大阪市内で理事会を開き、ボクシングが2020年東京五輪の実施競技から除外される可能性が示唆されていることについて山根明会長は「AIBA(国際ボクシング協会)とIOC(国際オリンピック委員会)の問題。今の時点では静観ですね」と話した。

 理事会で議題に上らなかったというが、山根会長は「連盟としては地元だし、絶対にしてもらいたい」と競技開催を熱望。東京五輪に向けて意識を高めるため、有力選手らによる“ベルト争奪戦”を開催することを決めた。

今、あなたにオススメ
Recommended by