2018.2.10 18:22

清水、五輪除外危機を心配「東京でぜひやってもらいたい」/BOX

清水、五輪除外危機を心配「東京でぜひやってもらいたい」/BOX

記者会見でポーズをとる八重樫東(左)と東洋太平洋フェザー級王者の清水聡=横浜市の大橋ジム

記者会見でポーズをとる八重樫東(左)と東洋太平洋フェザー級王者の清水聡=横浜市の大橋ジム【拡大】

 2012年ロンドン五輪ボクシング銅メダリストで東洋太平洋フェザー級王者の清水聡の2度目の防衛戦と、元世界3階級王者の八重樫東の再起戦となるスーパーフライ級10回戦が3月26日に東京・後楽園ホールで行われると10日、所属する大橋ジムが発表した。

 清水は国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が統括団体のガバナンス(組織統治)や審判の判定で問題が指摘されているボクシングを2020年東京五輪の実施競技から除外する可能性を明らかにしたことを強く心配した。

 12年ロンドン五輪での銅メダル獲得は大きな節目で「僕の人生も五輪で変わった。後輩たちも一生懸命やっている。東京でぜひやってもらいたい」と訴えた。

今、あなたにオススメ
Recommended by