2018.2.10 18:02

清水の2度目防衛戦&八重樫再起戦を3月に/BOX

清水の2度目防衛戦&八重樫再起戦を3月に/BOX

記者会見でポーズをとる八重樫東(左)と東洋太平洋フェザー級王者の清水聡=横浜市の大橋ジム

記者会見でポーズをとる八重樫東(左)と東洋太平洋フェザー級王者の清水聡=横浜市の大橋ジム【拡大】

 2012年ロンドン五輪ボクシング銅メダリストで東洋太平洋フェザー級王者の清水聡の2度目の防衛戦と、元世界3階級王者の八重樫東の再起戦となるスーパーフライ級10回戦が3月26日に東京・後楽園ホールで行われると10日、所属する大橋ジムが発表した。

 ともに横浜市内の同ジムで記者会見し、同級14位の権景敏(韓国)と闘う31歳の清水は「今年中に世界戦をしたい。周りが『大丈夫だ』と確信してもらえるような試合をしたい」とアピールを誓った。

 八重樫は国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王座から陥落した昨年5月以来の試合で、インドネシアのフライ級王者と対戦。25日に35歳になるベテランは日本男子初の世界4階級制覇を目指す第一歩に向け「いろいろと試行錯誤もしたが、方向性を決めてやるべきことが見えてきた」と淡々と話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by