2018.1.14 21:26

竜電、感慨深い白星発進「攻めていこうと燃える気持ちでいった」/初場所

竜電、感慨深い白星発進「攻めていこうと燃える気持ちでいった」/初場所

 大相撲初場所初日(14日、両国国技館)右股関節の大けがで新十両から序ノ口にまで落ちながら新入幕を遂げた竜電が白星発進。「攻めていこうと燃える気持ちでいった」と感慨深げな表情を浮かべた。

 新入幕を機にえんじ色の締め込みを黒色へと新調。師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)と相談して決め「自分の好きな色。区切りの場所なので」とうれしそうに話す。

 かつてホープと呼ばれた27歳の苦労人。「15日間集中する気持ちで一番一番やっていきたい」と、すがすがしい笑顔で活躍を誓った。

初日結果へ2日目取組へ

今、あなたにオススメ
Recommended by