2018.1.14 17:37

休場の豊響は「心室頻拍、心房細動」で2カ月程度の安静加療が必要との診断/初場所

休場の豊響は「心室頻拍、心房細動」で2カ月程度の安静加療が必要との診断/初場所

 日本相撲協会は14日、大相撲初場所を初日から休場した西十両9枚目の豊響(33)=本名門元隆太、山口県出身、境川部屋=の診断書を公表し「心室頻拍、心房細動で1月4日から11日まで入院加療を行った。2カ月程度の安静加療が必要」との内容だった。

 師匠の境川親方(元小結両国)は「分かりやすく言えば不整脈。初めてのことだが、だいぶ落ち着いた」と話し、途中出場する方向で経過をみるとした。

初日結果へ2日目取組へ

今、あなたにオススメ
Recommended by