2018.1.14 05:04(1/4ページ)

セクハラ伊之助に即辞職許さず…相撲協会が異例の厳罰3場所「出場停止」処分

セクハラ伊之助に即辞職許さず…相撲協会が異例の厳罰3場所「出場停止」処分

臨時理事会に臨む式守伊之助。3場所の出場停止処分となった (撮影・菊本和人)

臨時理事会に臨む式守伊之助。3場所の出場停止処分となった (撮影・菊本和人)【拡大】

 大相撲の行司の最高位、立(たて)行司の第40代式守伊之助(58)=本名・野内五雄=が10代の若手行司に行ったセクハラ行為を受けて、日本相撲協会は13日、東京・墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き初場所(14日初日、国技館)、3月の春場所、5月の夏場所の3場所を「出場停止」とする処分を決めた。伊之助は辞職届を提出しており、協会は処分が明ける夏場所後に受理。再び土俵に立つことなく相撲界を去る。

【続きを読む】

  • 昨年5月、夏場所千秋楽での式守伊之助。この姿を見られることもなくなった…
  • 初場所の安全を祈願する土俵祭り。立行司が担う祭主を、式守伊之助に代わり三役格の式守勘太夫(土俵中央)が務めた
  • 日本相撲協会の臨時理事会に向かう式守伊之助=東京・両国国技館
  • 理事会終了後、立行司の式守伊之助のセクハラ問題で、会見する八角理事長=東京都墨田区の両国国技館(撮影・菊本和人)
  • 理事会終了後、立行司の式守伊之助のセクハラ問題で、頭を下げる左から、鏡山理事、八角理事長、尾車理事=両国国技館(撮影・菊本和人)
  • 相撲協会の懲戒