2018.1.14 18:18

岩渕、2度目のトップ10も不満顔「そんなにいいジャンプではなかった」

岩渕、2度目のトップ10も不満顔「そんなにいいジャンプではなかった」

岩渕香里の1回目の飛躍=宮の森

岩渕香里の1回目の飛躍=宮の森【拡大】

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会最終日は14日、札幌市宮の森ジャンプ競技場で個人第6戦(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、岩渕香里(北野建設)は10位だった。

 平昌冬季五輪代表の岩渕は10位で、第4戦の9位に次ぐ今季2度目のトップ10に入った。1回目は86メートルで13位にとどまったが、2回目に88・5メートルを飛んで順位を上げた。ただ「そんなにいいジャンプではなかった。2本ともうまく当たらなかった」と内容には納得していなかった。

 予選を5位で通過して臨んだ13日の第5戦は、スーツの股下の長さに違反があって失格となった。「初心に帰らなくちゃいけないと反省した。そういうミスは良くない」と神妙な表情で話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by