2018.1.13 15:57

セクハラの式守伊之助辞職へ…3場所出場停止処分で

セクハラの式守伊之助辞職へ…3場所出場停止処分で

特集:
元日馬富士・暴行問題
日本相撲協会の臨時理事会に向かう式守伊之助=東京・両国国技館

日本相撲協会の臨時理事会に向かう式守伊之助=東京・両国国技館【拡大】

 日本相撲協会は13日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、昨年12月の冬巡業中に泥酔して10代の若手行司にセクハラ行為をした立行司、式守伊之助(58)=本名野内五雄、大阪府出身、宮城野部屋=への3場所出場停止処分を決めた。伊之助から辞職願を預かっており、処分が明ける5月の夏場所後に受理する。伊之助は今後土俵に上がらず、角界を去ることになった。

 協会によると、伊之助は昨年12月16日に沖縄県宜野湾市での冬巡業後に泥酔。宿泊先で若手行司にキスを数回するなど精神的苦痛を与えた。事実関係は協会危機管理委員会が調査していた。

尾車・日本相撲協会事業部長(元大関琴風)の話「元日馬富士の暴力もそうだったが、酒に絡んだ不祥事が続いた。繰り返されないように指導、教育を徹底する」

八角・日本相撲協会理事長(元横綱北勝海)の話「伊之助は立行司で58歳という年齢を考えても本人の責任が重い。反省する時間を与えた」

  • 理事会終了後、立行司の式守伊之助のセクハラ問題で、頭を下げる左から、鏡山理事、八角理事長、尾車理事=両国国技館(撮影・菊本和人)
  • 理事会終了後、立行司の式守伊之助のセクハラ問題で、会見する八角理事長=東京都墨田区の両国国技館(撮影・菊本和人)
今、あなたにオススメ
Recommended by