2018.1.13 11:47

初場所の土俵祭り実施…暴行処分後、白鵬関ら出席

初場所の土俵祭り実施…暴行処分後、白鵬関ら出席

特集:
元日馬富士・暴行問題
初場所を翌日に控えた国技館で「土俵祭」に参加する白鵬=両国国技館(撮影・菊本和人)

初場所を翌日に控えた国技館で「土俵祭」に参加する白鵬=両国国技館(撮影・菊本和人)【拡大】

 大相撲の元横綱日馬富士関の暴行問題で、一連の処分が終わって初の本場所となる初場所が14日に東京都墨田区の両国国技館で始まる。初日前日の13日午前には、国技館で15日間の安全を祈願する土俵祭りが実施され、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や横綱白鵬関らが出席した。

 土俵祭りの後には優勝額贈呈式が行われたが、昨年9月の秋場所を制した元日馬富士関は暴行問題の事態を重く見て対象から除外。11月の九州場所で優勝した白鵬関だけが出席し、2枚並んだ額の前で記念撮影した。

 現場の酒席に同席しながら暴行を止められなかったとして、減給処分を受けた白鵬関は、2場所連続41度目の優勝に向け「いよいよだね。引き締まる」と決意を語った。

  • 初場所を翌日に控えた国技館で「土俵祭」が行われた。左から、出羽海審判部長、八角理事長、藤島審判副部長=両国国技館(撮影・菊本和人)