2018.1.13 23:32

須貝、W杯初得点の勢い持ち込めず「だいぶ遅かった」/アルペン

須貝、W杯初得点の勢い持ち込めず「だいぶ遅かった」/アルペン

アルペンスキーのW杯男子滑降第5戦に出場した須貝龍=ウェンゲン(共同)

アルペンスキーのW杯男子滑降第5戦に出場した須貝龍=ウェンゲン(共同)【拡大】

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は13日、スイスのウェンゲンで男子滑降第5戦が行われ、12日のアルペン複合で29位となって自身初のW杯得点(30位以内)を獲得した須貝龍(クレブ)は2分34秒01の54位だった。

 26歳の須貝は12日にアルペン複合でW杯得点を獲得した勢いを持ち込みたかったが、完走した55選手の中で54位に終わった。

 「エッジを立てすぎていてブレーキがかかる感じがあった」と反省。持久力と脚力が極限まで試されるウェンゲンでのW杯滑降を初めて完走したが、トップとは7秒51もの差がついた。課題としていた中盤の細いS字の部分をうまく切り抜けられず「そこのターンで、だいぶ遅かった」と肩を落とした。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by