2018.1.13 08:22

ハーフパイプで小野塚が3位…今季初表彰台/スキー

ハーフパイプで小野塚が3位…今季初表彰台/スキー

女子ハーフパイプで3位になり、メダルを手に笑顔の小野塚彩那=スノーマス(共同)

女子ハーフパイプで3位になり、メダルを手に笑顔の小野塚彩那=スノーマス(共同)【拡大】

 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は12日、米コロラド州スノーマスでハーフパイプ(HP)決勝が行われ、昨季の世界選手権を制した女子の小野塚彩那(石打丸山ク)が87・00点で3位に入り、今季初めて表彰台に立った。

 渡部由梨恵(白馬ク)は1回目で転倒して2、3回目は演技をせず、8位だった。日本チームの津田健太朗コーチによると、左肩の脱臼で、今後の練習や大会に大きな影響はないという。

 女子はキャシー・シャープ(カナダ)、日本勢が予選で敗退した男子はデービッド・ワイズ(米国)が優勝した。(共同)

  • 女子ハーフパイプ決勝の競技を終え、外国人選手と笑顔で抱き合う小野塚彩那=スノーマス(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by