2018.1.10 09:59

村田諒太「まずはベース作り」沖縄合宿へ出発/BOX

村田諒太「まずはベース作り」沖縄合宿へ出発/BOX

沖縄キャンプへ出発した村田諒太(中央)、尾川堅一(右)、粟生隆寛

沖縄キャンプへ出発した村田諒太(中央)、尾川堅一(右)、粟生隆寛【拡大】

 プロボクシングのWBA世界ミドル級王者の村田諒太(31)、IBF世界Sフェザー級王者の尾川堅一(29)=ともに帝拳=らが10日、羽田空港から走り込みキャンプを行う沖縄へ出発した。

 村田が注目の初防衛戦に向けて、本格的に始動する。「4月に試合と言われているので、まずはベース作り」。昨年2月以来となる沖縄キャンプで、クロスカントリー、インターバル走を中心に強打の土台となる下半身の強化を図る。仕事、あいさつ回りなどで多忙な年末年始を過ごし、「トレーニングに集中できる環境ではなかったので、珍しくキャンプが楽しみ」と笑顔を見せた。

 昨年12月に、米ラスベガスで王座を奪取した尾川は2日からジムワークを再開したが、「(帰国後)家でご飯を食べたのは一度もない。何もしてなかったので、いいタイミングで声をかけてもらった。1年3回は世界戦をやりたいので、そのための体を作りたい」と意気込んだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by