2018.1.8 21:11

新成人の宮原知子が京都で成人式「悔いのないように自分らしい演技を」/フィギュア

新成人の宮原知子が京都で成人式「悔いのないように自分らしい演技を」/フィギュア

特集:
宮原知子
平昌五輪
フィギュアスケート女子の宮原知子=8日、大阪市内

フィギュアスケート女子の宮原知子=8日、大阪市内【拡大】

 2月9日開幕の平昌五輪で、フィギュアスケート女子日本代表の宮原知子(19)=関大=が8日、大阪市内で行われた大阪府スケート連盟主催の壮行会に出席した。午前中は京都市で行われた成人式に参加。母・裕子さんのお下がりという振り袖に身を包んだ新成人は、今年の抱負として色紙に「挑」を記した。「挑戦することが一番大事なので」と理由を説明した。「今まで以上に特別な一年になる。悔いのないように、自分らしい演技をしたい」。

 左股関節疲労骨折から復活を果たした宮原。年始は地元・京都市内の神社を巡り、お礼参りを行った。引いたおみくじは「末吉」だったが、「いいことは、たくさん書いてあった」と笑った。

 年明けからは氷上練習を再開しており、四大陸選手権(1月24~27日、台北)に出場しながら、平昌五輪に向けて調整していく。「いつも通り、やるべき練習をやっていきたい」と日本の女子エースは決意を示した。

今、あなたにオススメ
Recommended by