2018.1.6 05:00

【絆トーク】30歳の大学生ランナー渡辺和也 上級生との飲み会は「割り勘」

【絆トーク】

30歳の大学生ランナー渡辺和也 上級生との飲み会は「割り勘」

 箱根駅伝は3日、青学大の4連覇で閉幕した。ゴルフ担当の記者は初めて間近で見るランナーに大興奮。中でも東京国際大の30歳、オールドルーキーの渡辺和也(1年)から刺激を受けた。

 2011年に5000メートルで日本選手権を制し、世界選手権にも出場。実業団の名門、日清グループなどを経て、将来の指導者転身を見据え同大に進学した。初めての箱根路は7区を走り、区間7位。「50%も出し切れていない。100%に戻したい」と頼もしい言葉で締めくくった。

 もちろん最年長。豊富な経験を生かし、試合当日の動き方など助言を送る“先輩”でもある。だが上級生との飲み会は「割り勘ですよ」と笑顔だ。将来を見据え歩み続ける30歳の大学生ランナーに、これからも注目だ。 (ゴルフ担当・阿部慎)

今、あなたにオススメ
Recommended by