2018.1.5 11:00(1/4ページ)

瀬古氏、日本マラソン復活の鍵は密着指導「ケニア勢はまだ取り入れていない」(下)

瀬古氏、日本マラソン復活の鍵は密着指導「ケニア勢はまだ取り入れていない」(下)

日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、復活の鍵として密着指導を掲げた

日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、復活の鍵として密着指導を掲げた【拡大】

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(61)が、サンスポ・コムの単独インタビューに応じた。後編は2020年東京五輪について。メダル獲得へ、日本マラソン界の置かれている状況は厳しい。昨年12月の福岡国際で日本歴代5位の2時間7分19秒で日本勢最高の3位となった大迫傑(26)=ナイキ・オレゴンプロジェクト=を成功例に挙げ、復活の鍵として密着指導を掲げた。(取材構成・江坂勇始)

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by