2018.1.4 05:00

拓大、4年ぶりシード!復路は我慢の展開/箱根駅伝

拓大、4年ぶりシード!復路は我慢の展開/箱根駅伝

特集:
箱根駅伝
総合8位でゴールする拓大10区・苅田広野=東京・大手町(撮影・早坂洋祐)

総合8位でゴールする拓大10区・苅田広野=東京・大手町(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 第94回東京箱根間往復大学駅伝・復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町=109・6キロ)拓大は最高順位の往路4位と好発進し、復路は我慢のレース展開で総合8位。予選5位から4年ぶりにシード権を獲得した岡田正裕監督(72)は「最低限の目標は達成できた。ほっとした部分が大きい」と息をついた。かつてニコニコドーで1988年ソウル五輪女子1万メートル代表の松野明美を育て、2006年に亜大を優勝に導いた名将は「今まで以上の練習をやりたい」と抱負を語った。

今、あなたにオススメ
Recommended by