2018.1.3 23:27

安藤「びびって」減速…代表候補となって初のW杯で2回目進めず/アルペン

安藤「びびって」減速…代表候補となって初のW杯で2回目進めず/アルペン

W杯女子回転 安藤麻の1回目=ザグレブ(共同)

W杯女子回転 安藤麻の1回目=ザグレブ(共同)【拡大】

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は3日、ザグレブで女子回転第6戦の1回目が終了し、昨年末に全日本選手権4連覇を果たして平昌冬季五輪代表候補となった21歳の安藤麻(東洋大)は58秒05の36位で上位30人による2回目に進めなかった。これが代表候補となってから初のW杯だった。

 五輪代表候補の安藤は、終盤の急斜面に入る手前で思った以上に速度が出ていると感じたという。「びびってしまった」と自身でブレーキをかけて減速してしまった。昨年末の全日本選手権を制してから迎える初のW杯は、2回目に進めるラインの29位タイに0秒45ばかり届かなかった。

 雪面が荒れた状態で各選手ともタイムが伸び悩んだレースだった。昨年10月の大回転以来となるW杯得点(30位以内)獲得はかなわず「チャンスだと思ったけど…」と悔しがった。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by