2018.1.3 16:57

中大、15位で再び予選会へ 舟津主将「この悔しさを忘れないよう」/箱根駅伝

中大、15位で再び予選会へ 舟津主将「この悔しさを忘れないよう」/箱根駅伝

特集:
箱根駅伝
総合15位でフィニッシュした中大・竹内大地=東京・大手町 (撮影・戸加里真司)

総合15位でフィニッシュした中大・竹内大地=東京・大手町 (撮影・戸加里真司)【拡大】

 第94回東京箱根間往復大学駅伝・復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町=109・6キロ)2大会ぶり91度目の出場となった中大は往路でシード圏内の10位につけながら総合15位に沈んだ。最多の14度優勝の伝統校は、再び予選会から本戦出場を目指すことになる。1区を走った2年の主将、舟津は「この悔しさを忘れないよう胸にとどめて頑張る」と巻き返しを期した。

 前回、連続出場が87回で途絶えたが、復帰した今回は沿道から多くの声援を浴びた。箱根を初めて経験する選手が多い若いチームで、舟津は「駅伝の持つ力を感じた。成長の場としてすごく良かった」と感慨深げに話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by