2018.1.3 16:47

東海大・両角監督「完敗だった」 往路9位から5位浮上も納得せず/箱根駅伝

東海大・両角監督「完敗だった」 往路9位から5位浮上も納得せず/箱根駅伝

特集:
箱根駅伝
総合5位でゴールする東海大10区・川端千都=東京・大手町(撮影・早坂洋祐)

総合5位でゴールする東海大10区・川端千都=東京・大手町(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 第94回東京箱根間往復大学駅伝・復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町=109・6キロ)関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、出雲全日本大学選抜駅伝優勝の東海大は11時間10分9秒の総合5位に終わった。

 悲願の総合優勝には是が非でもリードを奪いたかった往路で、青学大と東洋大の2校に5分以上も離された。シード権争いも気になる9位からの復路。何とか5位まで追い上げた両角速監督は、「箱根に対して1年間やっていたか、やっていなかったかの差。完敗だった」と振り返った。来年へ向け、1万メートルで自己ベスト28分30秒以内のメンバーを10人揃えることを目標に掲げ、「スピードを失わず強さを身につけたい」と逆襲を誓っていた。

今、あなたにオススメ
Recommended by