2018.1.3 14:30

早大・清水、驚きの9区区間賞「本気で取れると思ってなかった」/箱根駅伝

早大・清水、驚きの9区区間賞「本気で取れると思ってなかった」/箱根駅伝

特集:
箱根駅伝
総合3位でゴールする早大10区・谷口耕一郎=東京・大手町(撮影・早坂洋祐)

総合3位でゴールする早大10区・谷口耕一郎=東京・大手町(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町109・6キロ)関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、9区(23・1キロ)も青学大が首位通過。2位・東洋大に5分22秒差をつけ、最終10区へ入った。

 1時間10分39秒で区間賞を獲得した早大・清水歓太(2年)は、「狙ってはいたんですけど、本気で取れると思ってなかったのでよかったです」と驚いた様子。安井雄一主将(4年)からメッセージ「LINEを頂いて。4年生の皆さんが往路を頑張ってくれたので、復路も頑張ろうと思いました」と先輩たちから刺激を受けた。

 向かい風が吹き付ける中、「橋の上とか時折、体があおられたりして結構苦しかったんですけど、気持ちで走りました」と苦境を乗り切った。来年に向け「来年はまた強力な1年生が入ってきて、新しい早稲田が作れると思うので、もう1回チームを作っていきたいと思います」とエースの自覚をのぞかせた。

 最終的に清水の活躍もあり、早大は総合3位に入った。