2018.1.3 05:04(1/3ページ)

青学大が初逆転総合V4へ2位!原監督、36秒差「想定内」/箱根駅伝

青学大が初逆転総合V4へ2位!原監督、36秒差「想定内」/箱根駅伝

特集:
箱根駅伝
青学大・竹石が粘りの走りでトップの東洋大に迫った。王者が復路で逆転を狙う(撮影・早坂洋祐)

青学大・竹石が粘りの走りでトップの東洋大に迫った。王者が復路で逆転を狙う(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走往路(2日、東京・大手町-神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場107・5キロ)史上6校目の総合4連覇を目指す青学大が、東洋大に36秒差の2位につけた。原晋(すすむ)監督(50)は逆転優勝のキーマンに、3年連続で山下りの6区を走る小野田勇次(3年)を指名した。山上りの5区では、法大・青木涼真(2年)が1時間11分44秒の区間新をマークし、チームを14位から5位に押し上げた。今季不振の続いた早大は3位と健闘し、昨年11月の全日本大学駅伝優勝の神奈川大は15位に沈んだ。

【続きを読む】

  • 青山学院大・小野田
  • 青山学院大・下田
  • 小田原中継所を2位で後にする、青学大学の5区竹石尚人=神奈川県小田原市の小田原中継所(撮影・菊本和人)
  • 青学大の2区・森田歩希=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)
  • 青学大の2区・森田歩希から3区・田村和希(右)へたすきがわたる=横浜市戸塚区(撮影・矢島康弘)
  • 第94回東京箱根間往復大学駅伝・往路成績
  • 箱根駅伝・区間順位変動
  • 箱根駅伝・最近10年の優勝校
  • 青学大・最近10年の3大駅伝成績
  • 東京箱根間往復大学駅伝・往路上位成績
  • 箱根駅伝・往路区間1位記録
  • 最近10年の大学3大駅伝優勝校
今、あなたにオススメ
Recommended by